1. 廣済堂 情報コミュニケーションサービス
  2. 事例紹介
  3. 関西学院大学様 年間入試プロモーション

関西学院大学様 年間入試プロモーション

クロスメディアを駆使した「総合力」で、競合プレゼン連続受注!

当社は、関西の名門・関西学院大学の年間入試プロモーションを、2年連続(2008、2009年)でプレゼン受注しました。それを実現したのは、営業、企画をはじめとした当社の総合力です。イベント(大学説明会)を軸に、大学紹介DVD、フリーペーパー、ポスターなどの紙媒体、Webなど、クロスメディアを駆使したUI(University identity)戦略により、目標である「大学のブランド力向上、良質の受験者の獲得」に貢献しました。

  • 納入時期:2009年、2010年(実施時期)

お客様からのご要望

○関西学院大学の魅力とブランド力を余すところなく知らしめたい。
○資料請求者の数ではなく、いかに質の高い受験生を呼び込めるかがポイント。

廣済堂の提案

企画提案を行ったのは、情報コミュニケーション関西事業本部 文教ソリューションユニットとイベントプロデュースユニットのプロジェクトチーム。
当社の強みは、イベント運営から各種印刷物、映像制作、Web制作など、さまざまなコミュニケーション・メディアを社内で一括して取り扱うことができる点。
クロスメディアを縦横に活用し、各フェーズで対象者の状況に応じた効果的なプロモーションを展開する、当社の総合力を結集した強力な入試プロモーションが高く評価され、連続受注に結びつきました。

成果・展望

企画に際して、私たちはまず関西学院大学の情報収集に集中しました。大学にはどのようなリソースがあるのか、どのように訴求すれば受験生にアピールできるのか、顧客ニーズや受験生にとってのポジショニングを徹底的に探ることからスタート。そこでの考察や分析をもとに、「当社にできることは何か」を真剣に見つめることで、他社にはマネできない独創的なプロモーション企画を目指しました。
また、社内リソースをフル活用する一方で、自社では補いきれない広告・宣伝の部分は外部ブレインの協力を得ることでクリアし、企画・営業・宣伝の三位一体の体勢で臨んだ結果、きわめて高い評価をいただくことができました。

お客様の声

廣済堂の提案は、進学関係を専門とする代理店などでは発想しえないような斬新なもので、そこに多くの共感と支持が集まったとのこと。
「今後もオリジナリティー豊かな提案を期待しています」とのコメントをいただきました。

学校法人関西学院様 プロフィール

設立 1932年3月7日
所在地 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155
URL http://www.kwansei.ac.jp/
この事例・サービスに関するお問い合わせ先
フォームから質問・相談をする
事例紹介

ページの先頭へ戻る