1. 廣済堂 情報コミュニケーションサービス
  2. サービス
  3. ITメディア
  4. システム構築
  5. 来館者向け展示システム

来館者向け展示システム

超高精細でデジタルアーカイブされた収蔵品の画像データを、ストレスなく高速に表示する収蔵品閲覧ソフト「超高精細画像Viewer」を開発・提供。精細に描かれた作品の迫力を本物と同様のリアルな質感で伝えています。

超高精細で大容量のデジタル画像を高速に拡大・縮小・スクロールして、自由に閲覧することが可能です。 作品の全景から繊細なタッチまでを鮮明な画像で再現し、文字や音声による解説を加え、シナリオに沿って分かりやすく作品を紹介することができます。

図版:来館者向け展示システム

超高精細画像Viewerの特長
  • 高精細な大判画像を一瞬にして表示でき、さらに全体図表示から最高解像度まで途切れることなくスムーズに拡大縮小。見たい部分に触れながら、より広くより深く作品に入っていくことができます。
  • 縦・横・斜め、自由に高速スクロール。画像のすみからすみまで、流れるように閲覧できます。
  • 原画像とX線画像など、異なる画像を同時画面で連動表示。複数の画像を比較しながら閲覧できます。
  • 見たい部分を拡大・縮小・スクロールし、自由に見ることができる「マニュアルモード」、用意されたストーリーに従って、紙芝居形式で見ることができる「シナリオモード」、用意されているシナリオを自動的に見ることができる「オートモード」など、シーンに合わせて利用できます。
  • 大掛かりなシステムを導入することなく、通常のパソコンで利用可能。スペースやコストの問題、管理の手間が省けます。また、タッチパネルにも対応しています。
このサービスに関するお問い合わせ先
フォームから質問・相談をする
サービス

ページの先頭へ戻る