1. 廣済堂 情報コミュニケーションサービス
  2. 事例紹介
  3. 神戸女学院大学様 入試情報サイトリニューアル

神戸女学院大学様 入試情報サイトリニューアル

“受験生視点”でのブランディング戦略を実現。
構築後もアクセス解析に基づいた対策により、常に志願者を囲い込む施策を提案。

神戸女学院大学様の志願者増加を目的とした受験生向け入試情報サイトをリニューアルいたしました。
受験生に向けて大学の魅力をアピールするため、“受験生視点”で魅力的なコンテンツの充実、キャンパスイメージのブランディングを図りました。
全面的なCMS導入による更新負担の改善により、受験生に向けてタイムリーな情報発信が可能となりました。
リニューアル後もミーティングを定期的に実施し、セルフプローモーションサイト化に貢献しました。

この事例に関するソリューションサービス

お客様からのご要望

  • 受験生視点の魅力的なコンテンツを充実したいと考えられていた。
  • ユーザビリティやサイト内導線の改善、情報の整理など、Web最適化が必要であった。
  • アクセシビリティとして、SEO対策の強化。
  • ホスティングサーバの安定化。

廣済堂の提案

●受験生視点のサイト構成
「入学試験情報」や「キャンパスライフ」など、ユーザアクセスの解析により注目を集めるコンテンツ・情報を選定。受験生視点で、魅力的なサイト構成を構築した。
●キャンパスイメージをブランディング
美しいキャンパスにおいて、特に目を引くヴォーリズ建築の美しい校舎を、キャンパスイメージのキービジュアルとしてブランディング。
●掲載情報を整理し、サイト内導線の改善
デザインテンプレートを活用し、サイトデザインやレイアウトを統一することでサイト内の導線を整理するとともに、ユーザビリティを向上させた。
●継続的なSEO対策による「セルフプロモーションサイト」
キーワード、descriptionを全ページに配置し、SEO対策を実施。継続的な解析を基に大学サイドでSEOをコントロール可能な体制をコンサルティング。

成果・展望

CMS導入によりタイムリーな更新を実現
CMS導入により更新負担が軽減され、イベントの開催状況(雨天時のイベント案内など)の情報変更など、突発的な情報登録環境をご提供しタイムリーに告知可能に。
継続的なSEO対策によるプロモーション強化
SEO対策を実施しアクセシビリティを強化。さらに、定期的にミーティングを開催し、アクセスログ解析からSEO対策まで継続的に構築後のフォローを実施。

学校法人神戸女学院 プロフィール

設立 1875年
所在地 〒662-8505 兵庫県西宮市岡田山4-1
URL http://www.kobe-c.ac.jp/
この事例・サービスに関するお問い合わせ先
03-3453-0553受付時間:平日9:30~17:30
(土日祝を除く)
フォームから質問・相談をする
事例紹介

ページの先頭へ戻る