ディスプレイの色域を印刷で再現。 ディスプレイの色域を印刷で再現。

メインビジュアル1
メインビジュアル2
メインビジュアル3
メインビジュアル4
スクロール

「Brilliant Palette®」は豊かな感性と卓越した技巧で画かれた作品をより美しく印刷。

きらめく色彩は、従来の印刷では決して味わうことの出来ない感動を呼び覚まします。

※以下、「Brilliant Palette®」は「ブリリアントパレット®」と表記

スライダーを動かして画像の比較ができます

従来の印刷での印刷イメージ ブリリアントパレット®での印刷イメージ

※画像はイメージです

Illust:細居美恵子 ©Mieko Hosoi

印刷事例

印刷事例1 Illust:夏芽みく©Miku Natsume
印刷事例2 Illust:細居美恵子©Mieko Hosoi
印刷事例3 Illust:細居美恵子©Mieko Hosoi
印刷事例4 Illust:細居美恵子©Mieko Hosoi
印刷事例1 Illust:夏芽みく©Miku Natsume
印刷事例2 Illust:細居美恵子©Mieko Hosoi
印刷事例3 Illust:細居美恵子©Mieko Hosoi
印刷事例4 Illust:細居美恵子©Mieko Hosoi

ソリューションとしての高演色印刷

3つの技術により、 広色域かつ高精細な仕上がりを実現する ブリリアントパレット®が完成しました。

従来のCMYK色域とブリリアントパレット®の色域の比較。色域が広がることにより、RGBで描かれたデジタルのイラストを、CMYKで表現することが可能に。

オリジナルインキ

仕上がりの質感にまでこだわったオリジナル広色域インキ『 NS画集用インキM 』をインキメーカーと共同開発

製版技術

オリジナルインキで印刷に最適な色彩を演出する製版技術を開発

ドーナツアミ点(正式名称:コンセントリックスクリーン)

インキの色彩を最大限に引き出す『ドーナツアミ点』を採用

ドーナツアミ点(正式名称:コンセントリックスクリーン)とは?

通常のアミ点が四角い1つの面であるのに対して、ドーナツアミ点は2重丸の同心円の形状にする事でインキが乗る範囲を狭めインキの膜厚を薄くできるため、高精細でより透明感のある色の再現が可能となりました。

ドーナツアミ点 通常の網点

出版社様の声

「細居美恵子アートワークス」 PIE International様より

「細居美恵子アートワークス」 PIE International様

細居さんの絵は、イラストに使う色数とその組み合わせの絶妙さが持ち味です。そんな細居さんの意図した色の広がりや重なり、それによって作られるイラスト全体の雰囲気を余すことなく再現できたのは、この印刷方法があったからです。

一度見ていただければ、その魅力が
わかっていただけると思います。